将来性の見込まれる貿易業務

毎年かなりの量の取引がある貿易において、専門知識を身に着けたい方や有資格者として働きたい方にとって、通関士の試験に合格することは1つの大きな目標になります。
受験資格は特に定められていませんので、希望者が出願して試験を受けることができるわけですが、その業務の重要性が示しているように高いレベルでの知識と経験が求められる分野です。
したがって合格率が低く、いわゆる難関に数え上げられます。
しかし現在の需要と、今後のグローバル化する社会におけるその役割から考えて、いま勉強に励んで取得のために努力することには大きな意味があります。
合格することで、通関業務を引き受けている会社において通関を専門に扱うことができます。
ほとんどの通関業者は海外にも支店を設けていますので、海外駐在員として働く機会が差し伸べられることもあります。
そのほかにも通関業者以外の企業において通関業務を担当することもできます。
たとえば海外取引を行なう商社においては、輸出入に関係する知識と資格を有する通関士の存在が必要不可欠です。
百貨店などにおいても、買い付けを行なう面でやはり必要とされます。
海外との取引を行なう企業やメーカーであれば、確実に通関業務を行なう人材との接点がありますので、その活躍できる場面は多岐にわたります。
またネットを通してさまざまなものを取引する会社を自分で立ち上げて、自らバイヤー兼貿易業務担当になる方法もあります。
将来性の面でも展望が明るいので、いまの時期に努力して勉強を積み重ねていくことには大きな意義があります。